ハッとする英会話

ハリーに教わった英語力と英会話力の関係 (後編)

2013年10月13日

めざましテレビ時計

こんにちは!
b わたしの英会話のShunです!!

前回のエントリで私の上司だったハリー(日本人)から教わった英語勉強法を
少し書いてみました。

前回のエントリはこちら
http://bit.ly/159UTxH

ハリーさんは世代的には60才前後ですので、団塊世代ちょっと前くらいでしょうか。
まだまだ、中学・高校で英語を学ぶことも少なかった世代です。

外資系証券会社、というとなんか難しそうですが私達の部署は7名で
全員が日本人。そして、トップがこれまたザ・昭和の雷ジイサンでしたので雷が爆発するたびにその少ない
7名の人達(帰国子女も多かったので)が「もうやってられね」と入れ替わります(笑)。
ま、実際に灰皿が飛んでくるから仕方がないです。

そこで3年ほどハリーに色々教わりましたが、2つ大きなことを教わりました。

1つは以前から書いていましたが反復。
結局は、英会話やリスニングを上達するためには、会話で使うレベルの単語力と構文などの
レパートリーを中学・高校レベルに戻す必要があります。(逆に中高レベルで普通の会話は大丈夫)。

特に海外の同じ部署の人達とのやりとりで出てくる表現を完璧コピーすること。
そして、もう1つは日本語力の強化でした。当時の私は、英会話や英語力を高めるためにはそもそも、
基板たる母国語である日本語の足元がお留守だった、というわけです(今もかもしれませんが)。

まずは、1つ目。

これは、今まで読まれていた方たちも大体分かってきたと思いますが・・・・。
もともと、留学前から写経で様々な英単語、英語構文を積み込んだり、
MD(当時はiPodなどなかった)に自分の好きな人のスピーチを入れてひたすら
反復リスニングしていたわけですが、更に、ここでビジネス英語でよく使われる言い回しの
写経を強制されました。

もうこの時代(1990年代後半から2000年くらい)ですから、パソコンも普及しています。
ですが、あえて、ここで電話会議に出る前に、ひたすら手で写経しろというのです。

なぜなら、ハリーの時代はタイプライターで打ち出したものを
全部そうやって何度も書いて勉強したからや、そうです。

ということで、現場でパシリなのは言うまでもなく
電話会議に参加させてもらえるまでの間、私も海外から来たメールを全てプリントアウト、
クリッピングして、家に持ち帰っては何度も何度も読みました。

そうすると面白いですが、ビジネス英語でよく使われる表現にある一定の
パターンがあることに気付きます。こちらをお読みの方でも、外資系企業でお勤めの方や
日系企業で海外取引の多い方には馴染み深い、

"with regard to?"(?に関しまして)、

とか、

"Attached please find・・・"(添付の・・・をご査収下さい)

のようなよくある表現は
この頃に自分のレパートリーに加わりました。

なぜ写経するか?・・・ですが、読んで理解したところでとどめてしまいますと、
「システム2」の領域に留めているだけですのでなかなか会話では出すことが出来ません。
(システム1、システム2の関係などについては以前のエントリをご参照くださいね)
http://bit.ly/1dWnpMb

そこで、ひたすら写経しました。
証券会社ですので朝は早いのですが、朝10分くらい朝一のめざましテレビを副音声で聴きながら写経。
そして、夜寝る前に5分くらいの写経。

あっ、毎日じゃありません。週に2回程度、記憶から消えかける前にもう一回やります。

これだけで、週日5つくらいの構文は自分のものになります。
そして、写経を通じて脳にすり込んでますからシステム1に入り込んでます。
つまり、会話でも読み書きと同じくらいのレベルで単語や構文が出てくるようになります。

実際にはやったのは半年くらいです。
それ以降はあまりやってません。やったのは、メロディが好きだけど歌えない英語以外の歌とか。
これも、写経を続けると5回もすればかなり覚えます。

お陰さまで私の英語はレッスン・パートナー(外国人講師)から、
「固すぎる」といつも言われます(笑)。

でも、逆に幕末や戦国好きのレッスン・パートナーでござる、って言ったり、
sent from my iphoneの代わりに拙者のiphoneから、なんて人もいますけどね(笑)。

あと1回か2回で終えようと思います。
今回は中上級者向けのコツを書きましたが、初心者の人にこそ、この方法はオススメしたいのです。

次回は初心者の方に今すぐできる具体的なコツをまとめてみますね。

Shun

P.S.
【Facebook 恋と仕事に効く英語の登録】
http://on.fb.me/nGi6Sk
こちらに登録しておくと、定期的に役立つ英語表現が見れますよ!
フィード表示なので、気になった時に見てもらえたら嬉しいです!

P.S.2
【bの体験レッスンのお申し込みはコチラ】
http://bit.ly/152N2AZ

「思い切って受けて良かった!」と受講後に、 輝くお客さまのお顔が見れるのが私達の喜び!
英語への悩み、まずは体験レッスンでスッキリさせちゃいましょう。

P.S.3
【OLあんちょこ英会話シリーズ】
http://bit.ly/1c8Pcmt
ご職場で英語に困っている人!
ちょっと、かかって来た海外からのあの電話!何とかできたらなんて方におすすめのコンテンツ! PDFダウンロードして、職場の引き出しに忍ばしておきましょう!

b わたしの英会話:女性のためのマンツーマン英会話スクール

Anchoko_468x60

Read More

Life in Australia (HelloとThank youから始めた英会話)

2013年9月23日

オーストラリア国旗画像

こんにちはLilyです。


英語を学ぶ目的、理由、きっかけはみなさまそれぞれお持ちですよね!

学生時代、一番苦手な科目が「英語」だった私が、「なんで今になって英語の勉強を始めたのだろう」と先日ふと思い返してみました。

私は“英語の勉強“は苦手ですが、人と話すことはとても好きで、日頃友達としているなんということもない雑談や、ノープランでおでかけしても笑える出来事にも出会えたり、ハプニングが起こっても協力して乗り越えたり、そういう友達を日本以外でも作ってみたいなと思ったことがきっかけで、思い切ってオーストラリアへ発ったことが英語を一から始めようと思った理由でした。

“Hello”と“Thank you”くらいしかわからず、友達は電子辞書だけからスタートしたオーストラリア生活でよく耳にした言葉と現地で役に立ったフレーズを今回はご紹介したいと思います!

◎”Good day “,“Mate”
これはよく知られていると思いますが、オーストラリアの人はよく「Hello」の代わりに「Good day」とあいさつに使います。また外に出かける私にホームステイ先のお母さんはいつも「Have a good day」と言ってくれたものです。

また「Good day Mate」や「No worry Mate」のような表現もよく耳にしました。(実は主に男性に使われるそうなのですが) それから生活しているとAussie(オージー)の独特な発音にもすぐ気づくことができます。

「Good day Mate」は「グッディ メイト」ではなく「グダイ マイト」に聞こえます。「エ」を「ア」に近い発音で表現しているようです。

慣れれば大丈夫なのですが、いつだったか、乗るべきバスの番号をHome Fatherから教えてもらったとき「eight two(8-2)」を「アイト トゥ」と言われ、てっきり「I(アイ)と2」→「I-2」と勘違いしわけのわからないバスに乗り込んで迷子になったこともありました。

◎you know what I mean
これは、よく英語で話している相手がひととおりなにかを話したあと、ポカーンとしている私に対しよく使ってきたフレーズです。

文法的に正しくは、"Do you know what I mean?"で、「私の言っていることわかりますか?」「わかる?」といった意味になります。 なので、逆の立場の時、つまり私のつたない英語を聞いてポカーンとしている相手にもこのフレーズはけっこう使っていました。

ちなみに「I mean」,「You mean」はよく聞くフレーズだと思いますが、
I mean ~ .私の言いたことは~(「つまり~」)
You mean ~ ?(あなたの言っていることは)~という意味ですか?
という感じで使われます。


◎excuse us
シドニーの町の中心にあるダーリングハーバーでは毎週土曜日に花火が行われます。たくさんの人混みの中、ある年配の夫婦が私の前を横切る時に、前を行く旦那さんの方が、「Excuse us.」と言って通って行ったのを聞いて、後ろを行く奥さんの分まで断るということになんだか妙に感銘を受けたのを覚えています。

「excuse me」は誰もが知る有名な表現ですが、ほかにも飛行機で窓際に座っている彼女(彼)をトイレに行かせる時、通路側の人には「excuse her」や「excuse him」といった表現もあるようです。

◎Just a moment Please
オーストラリア生活が3か月を経過した頃、そろそろ資金もなくなってきたことだし、、とアルバイトを始めました。 日本の雑貨と食品を取り扱っているお店で働かせてもらえることになったのですが、お客様のほとんどが日本人以外の人です。

英語で商品の説明、用途の説明、日本料理の作り方、調味料の味を伝えること、となかなか苦労の連続でした。 どうしても困ったときは他スタッフに助けを求めるのですが、「少々お待ちください」と、お客様に待っていてもらいたいときに役に立っていたフレーズです。

・Wait a moment, please
・Just a minute
・Please wait for a while
・Please wait for a little longer
・Wait a minute
・Wait a second


これら上記のフレーズを使いこなし、よく他のスタッフさんたちに助けてもらったものです。

◎“た(Ta)”
オーストラリアで働き始めて、日本とちがうと感じた点のひとつが、お客様がみんな「Thank you」とお礼を言ってくれることです。 日本では「ありがとうございます」と言うセリフは店員さんだけが言うもの、というイメージがありますがオーストラリアでは店員さんよりむしろお客様の方が多く「ありがとう」と言ってくれていた気すらしますし、「Thank you」と言ったら「Thank you」で返ってくる習慣に少し感動したのを覚えています。

その中で気になったのはAussieが使う「Ta(た)!」。


どうやらオーストラリア人は「Thank you」をもっと短く簡単に略して表現しようとした結果、最初の「Tha」の部分だけになり「た!」は、くだけたお礼として日常よく耳にしました。 お釣りをもらったら「Ta!」。ビニール袋をあげたら「Ta!」。商品を案内したら「Ta!」といった感じです。

1年間、長いようで短かったオーストラリア生活。出会った人、住んだ家、景色、出来事、今でも鮮明に覚えています。

右も左もわからない私が1年間楽しく過ごせたのは、現地で出会った方々のパワフルな力と何より日本から支えてくれた友達、家族の力なくしてはなかったことだと思っています。

そしてこの経験があったから、今bでコンシェルジュの方たち、レッスンパートナー、そしてすべてのお客様に出会うことができたと改めて思います。

「英語を学ぶこと」が私にくれたものは本当にたくさんで、もちろんたまに嫌になるときもあるけれど、それでもやはり今後もまだまだ学ぶことを続けたいという想いは未だ変わりません。

きっと「英語を学ぶこと」が皆様にもたらすものもそれぞれで、もしかしたら人生を変えるきっかけになったり、見えなかったものが見えてきたりする可能性もあるはずです。

壁にぶつかったり、悩んだりもするけど、でもその先にはきっと「Happy」が待っていると信じたいですね!

Lily

この投稿で「なるほど!勉強になった!」と思われた方は「いいね!」をよろしくお願いいたします!


b わたしの英会話:女性のためのマンツーマン英会話スクール

Anchoko_468x60

catalogue_download_red

Read More

ハリーに教わった英語力と英会話力の関係 (前編)

2013年9月20日

bear-stearns

おはようございます!
b わたしの英会話のShunです!!

先週はアメリカに住んでいるメキシコ人のホセさんのお話をしました。
ちなみに、先日ひさしぶりにアリゾナ州の友人とメールのやり取りしていたらまだ気温45度近いそうですよ・・・。

前回のエントリはこちら
http://bit.ly/1aGcvJk

アメリカ在住の移民一世代目の多くが中学高校で学ぶよりも少ない単語量である2000語前後
(中学で1500語くらいは私達は学んでいます。高校まで足すと5000語前後!)で、何とか生活しているわけです。

人によっては500語くらいでも大丈夫という方もいます。
これも、決して間違ってないのですが本当にカフェで注文したりするレベルです。
それこそ、カフェで海外の友達と10分話そうと思うとやはり、中学時代の単語くらいまでは必要です。

実は、私は日本が恋しくなって(あと家庭の事情があって)アメリカに留学したのは1年ちょっとです。
本当にあっという間でした。

そして、自分独自の写経と反復主体で独学で日本国内で勉強してアメリカに渡航した時にわかったのは、

「大体の日常会話は自分のほうが他の大学院留学生の先輩よりできる」

ということでした。

それっぽく話して、日常レベルのこの3000語を使いこなす、という点では
私はまだ若かったこともあって、自分よりも先輩レベルの方々よりこの3000語を組みこなすことは上手だったのでしょう。 (また、B型の所以かあまり間違いを気にしない性格も会話では良かったと思います)

それを助けてくれたことの一つがはじめの頃に書いた主にリスニングとひとりごとを組み合わせた 反復練習方法。今思えば、これがよく言うシャドーイングというものです。

英会話スクールで上達しない、という方がいらっしゃいますが、
恐らく、この反復の練習をされていないからじゃないかと思います。スクールというのはあくまでもアウトプットの場ですので スクールの外で如何に反復・写経などを主体とした練習をしているか次第なんです。正直、これをしていないと旅行程度は大丈夫ですがそれ以上の会話は難しいです。
http://b-cafe.net/pjsqript/

話を戻しまして、実務レベルの複雑な話になるとやっぱりうまくいかない。
自分より日常会話は上手じゃない先輩たちのほうが、発音などは間違っていても伝えたいことを何とか伝えている。

これが実情でした。

もちろん、先輩方はシステム2からシステム1にもってくる作業としての写経や反復練習はしていません。
したがって、会話となるとシステム2に入っているデータを引っ張ってくるのにかなり考えながらやらないといけません。 イメージ、私はメモリがハイスペックでハードディスクがしょぼいPC。先輩はメモリが少ないけど、ハードディスクは容量たっぷりという感じでしょうか。

そんなわけで、日常会話ではそれなりの攻略法を見つけていた自分ですが、
留学中はこのことがもどかしいまま、帰国したわけです。

その後、このテーマの解決は行われないまま私はそれっぽい日常会話はできるけど、
実務会話では至らぬことが多々ある、、、、という、私達のスクールで言うと丁度諸上級レベルを終えて中級レベルに差し掛かる方が面する悩みと同じものを抱えたまま仕事を始めることになりました。

それを取り払ってくれたのはハリー。
ハリーと言っても、日本人ですが、外資系企業で働いていてニックネームがハリーさんでコテコテの日本の方でした。

自分が日本に帰国後、関西から拠点を東京に移して働いた企業がベアー・スターンズという
アメリカの証券会社でした。ちなみに、、リーマンショックの時体力のなかったこの会社はリーマン・ブラザーズの破綻する前に 買われちゃいました・・・。

お値段も一株あたり2ドルで(笑)。

ただ、私が幸いだったのはこの会社の日本法人の幹部、中間管理職が皆、かなり
こてこての日本の銀行(今の半澤直樹の世界?)で頑張ってきた50代〜60代の英語に苦労した人達ばかりだったのです。
逆に外国人も日本で商売してるので必死に日本語の勉強してました。

私のお隣にいた法人営業のアンドリューさんは、
「安藤龍です」と言いながらいつも営業電話してたくらいですので(笑)

ハリーは、70年台から80年台に日本企業で猛烈サラリーマンをしていた一人だったのでしょうね。
ちなみに、外資系とは名ばかりでコテコテの古い日本の会社のカルチャーが移植されていたので 初日から叱られて灰皿飛んできましたが(笑)。

次にハリーに教わったことを書いてみようと思います。
といっても、今までまとめてきたことの集大成なんですけどね。

ではまた次週!

Shun


今日のエントリはこちらからも読めます!
http://bit.ly/159UTxH

P.S.
【Facebook 恋と仕事に効く英語の登録】
http://on.fb.me/nGi6Sk
こちらに登録しておくと、定期的に役立つ英語表現が見れますよ!
フィード表示なので、気になった時に見てもらえたら嬉しいです!

P.S.2
【bの体験レッスンのお申し込みはコチラ】
http://bit.ly/152N2AZ

「思い切って受けて良かった!」と受講後に、 輝くお客さまのお顔が見れるのが私達の喜び!
英語への悩み、まずは体験レッスンでスッキリさせちゃいましょう。

P.S.3
【OLあんちょこ英会話シリーズ】
http://bit.ly/1c8Pcmt
ご職場で英語に困っている人!
ちょっと、かかって来た海外からのあの電話!何とかできたらなんて方におすすめのコンテンツ! PDFダウンロードして、職場の引き出しに忍ばしておきましょう!

b わたしの英会話:女性のためのマンツーマン英会話スクール

Anchoko_468x60

Read More

素朴な疑問 〜 アリゾナの太陽の下で仕事をしているメキシカンの会話力

2013年9月13日

アリゾナ砂漠

おはようございます!
b わたしの英会話のShunです!!

先週は、英会話・英語を学習するときに実は自然と働いている
脳のシステム1とシステム2のお話と、自分が留学する前に日本国内で行った学習法を主に写経の大事さを通じてお話しました。

前回のエントリはこちら
http://bit.ly/1dWnpMb


自分のケースでは、留学時代に半ば強制的に新聞を購読させられたんです。
ビジネスの学校だったので、ウォール・ストリート・ジャーナル。日本で言うと日経新聞みたいな感じです。

今、思えばですが1面記事を全部読んでの理解度は大体85〜90%だったと思います。

Wikipedia情報なんですが、「各語の90%以上を理解しようとする場合」

ということ出ていたデータで、

フランス語なら約2000語
英語なら3000語


だそうです。
ちなみに、日本語は・・・・10000語

だそうです!
うーむ。日本語、恐るべし。

人によっては、英語は2000語という人もいますが、これは私の肌感覚とも合致しています。
実際、アメリカに住んでいるメキシコ系移民1世の日常生活で使う英語の単語数は丁度2000が平均だそうです。

私がアリゾナ州に留学していた時、よく、お部屋の周りを掃除してくださった
Jose(ホセ)さんというメキシコ人の方がいました。

とっても気さくな人で、時には気温が50度にもなる灼熱のアリゾナ砂漠の中で
鼻歌を歌いながら掃除をしてくださったとても人懐っこい方でした。

そんな、彼と私の会話ですが、

Hi brother, how are you today?
Great! How's your day?
It's my payday so I am going to dinner with my wife!
Enjoy!


こんな感じです。
数えてみると単語数は、24語です。


ホセさんにとっては会話として必要な英単語というのは、
掃除に関係することと、私みたいな住民とさらっとした会話で使うくらい。
家に帰ったらスペイン語でしょうからね。


ちなみに、こうした生活最低限の単語数は500〜1000語。
少し、雑誌を読んだりして文脈の8割くらいを理解しようとすると3000語。


3000というと多く感じますが、丁度この8割理解に必要な3000語は、ほぼ、中学1年から高校2年までに 私達が習う単語数と同じなんです。

その中には、

desk
book
card


といった、カタカナになっているものもたくさん含まれます。
また、"is"などのbe動詞や"why"や"who"などの基本的な単語も入りますので、このレターを読んでいる方の大部分の方はそのレベルに当てはまるんです。

だから、日本人の多くは外国人に道を聞かれたり、衣食住など生活最低限の会話で
質問をされると、文意の8割以上はなんとなく理解できちゃうんですね。

ちなみに、母国語である日本語から見てみるとどうでしょう?
あまりに当たり前すぎて、考えたことがない方の方が多いでしょうが・・・・。

小学生レベル: 5千~2万語
中学生レベル: 2万~4万語
高校生レベル: 4万~4万5千語
大学生レベル: 4万5千~5万語


だそうです。
つまり、小学生レベルの単語数があれば日常の生活には困らない、ということでしょうね。

まぁ、言われていることはなんとなくわかるけど、話せない・・・・。
ということで、色んな教材や単語帳を買っちゃう人も多いのではないでしょうか?

もちろん、色んな物に手が出てしまうのは仕方ないんですが、
これが本当の問題なんです。(別に英語だけじゃないですよね)

その理由は今までに紹介してきた、システム1とシステム2の関係なんです。
ここをこらえて、地道にやれる方は少し時間はかかっても英語力・英会話力共にジワジワと上達していきます。 一方、手を出しすぎちゃったり、会話だけやってなんとなくわかった気になっちゃうとそこでやっぱり止まります。

今までお読みいただいた方はこのあたりで繋がってきたと思います。

ではまた次週!

Shun 今日のエントリはこちらからも読めます!
http://bit.ly/1aGcvJk


P.S.
【Facebook 恋と仕事に効く英語の登録】
http://on.fb.me/nGi6Sk
こちらに登録しておくと、定期的に役立つ英語表現が見れますよ!
フィード表示なので、気になった時に見てもらえたら嬉しいです!

P.S.2
【bの体験レッスンのお申し込みはコチラ】
http://bit.ly/152N2AZ

「思い切って受けて良かった!」と受講後に、 輝くお客さまのお顔が見れるのが私達の喜び!
英語への悩み、まずは体験レッスンでスッキリさせちゃいましょう。

P.S.3
【OLあんちょこ英会話シリーズ】
http://bit.ly/1c8Pcmt
ご職場で英語に困っている人!
ちょっと、かかって来た海外からのあの電話!何とかできたらなんて方におすすめのコンテンツ! PDFダウンロードして、職場の引き出しに忍ばしておきましょう!

b わたしの英会話:女性のためのマンツーマン英会話スクール

Anchoko_468x60

Read More

英会話は留学じゃなくて国内で学べる!

2013年9月6日

富士山桜

おはようございます!
b わたしの英会話のShunです!!

先日は、英語と英会話を効率よく学ぶために少し頭を整理するために
システム2とシステム1のお話をしました。

前回のエントリはこちら
http://bit.ly/193OcA8

ちょっとおさらいすると、

システム1は人間だけでなく動物も持っていて日常的な処理や,迅速な判断を必要とするときに。
システム2は人間固有のシステムで、複雑な処理や,慎重な判断を必要とするときに使われるものだそうです。

普段の日常の会話は、日本語で話すときもどちらかというとシステム1で行ってます。
いちいち単語や文法考えて日本語を話さないですよね。

一方、ビジネスの複雑な場やちょっと哲学的な難しい話、あるいは、他人と討論を行うときなんかはどうでしょう?
どういう伝え方をするか、言葉を選ぶか、かなり頭を使って組み立てますよね。こちらがシステム2です。

英会話のコツは − 特に日常会話レベルでは − システム1で使える単語・フレーズ集をどれだけ自分の中に 備えることができるかなんですよね。そして、そのコツが、何度か紹介している写経と反復。

英会話にせよあらゆる学問、趣味、ノウハウから世の中多くの方法論がありますが、
最後、モノにするためにはどうしてもこの「繰り返し」の動作をしてシステム1に持ってこないと座学で終わっちゃいます。

私は大学で英語のクラス落としましたし、中学高校でも正直英語は全然ダメでした。
偶然、父の仕事の関係でアメリカの大学院に留学することが決まって慌てて半年で突貫工事で受験勉強をしたのですが、これが、皮肉にも、自分の英会話力向上と今のコンセプトとつながりました。

そこで、アメリカの大学院のお話。

大学院といっても、いわゆるビジネススクールというところでした。
ですので、入学審査などでは試験の成績だけではなく、面接による実践的なコミュニケーションスキルの確認などが求められます。

大学4回生になってから決めたことでしたので、まずは足切りに合わないように GMATという試験と、留学生はTOEFL(TOEICではなく)でそれなりの点が必要になります。

その時に私が出会ったのが、トフルゼミナールの高木義人先生の 「TOEFL TEST対策必修単語集」という単語帳でした。(というか、偶然本屋で買ったのですが)

単語量にして確か4000語だったと思います。(ステマじゃないので買わないでいいですよ!)

TOEFLはTOEICより更に難解な試験です。
GMATは、アメリカ人向けの試験ですので留学生にとっては不利な上に、更に厄介です。

当時、ヒマを持て余していた私は、毎日100語ずつ写経をしました。
あとで意味が分かったんですが、当時はあまり考えず、本能で。

こう書くと大変そうですが、実際には半分くらいの単語は、中学高校で学んでいるものです(忘れていますけどね)。 これを半年くらいかけて3周したとき、ほぼ、英文新聞などを読んでも文脈はつながるレベルまでいきました。

実際、今、一緒に働いている外国人スタッフとの会話でも、「よく、そんな複雑な単語つかうね」と 褒められてるのか?なこともある程度に、単語力もつきました。

そして、何よりも劇的に改善したのはリスニング力。
別に耳が良くなったわけではありませんが、単に脳のSystem1に入ってる単語が増えたのでちらっと似た発音が聴こえると、自動で文脈が聴き取れるようになったのでしょうね。

これに、大学1回生の時に編み出していた、同じ会話を何度と聴き話す作業。
この組み合わせが、自分の英会話力を劇的に向上させるきっかけになったのです。

と、ここまで書くと「さすがに写経で毎日100単語なんて不可能~っ」と
思う方も多いと思います。

ご心配なく。

日本で英語の義務教育を受けた方でしたら、
今でもかなりの英単語はSystem2の領域に(かなり)単語が生き残っています。
なにせ、日本人が義務教育で触れる英単語は3000語以上。受験勉強をすると人によっては5000語以上という人もいるくらいです。

実際、アメリカに移住した移民1世のメキシコ人が使う日常の会話での単語数は2000くらいだそうです。 恐らく、日本語の会話についても生活に使われるものは同じくらいじゃないでしょうか?

ただ、会話というのはさっと、思いついてすぐに出すものです。
したがって、System2にあると出てきません。これを本能の領域であるSystem1に持ってくる必要があるのです。

この中の会話に必要なものだけ、System1に持ってくるための写経でしたら 週に5単語くらい。それと、反復の練習をするだけで、いわゆる旅行などで使えるレベルの「日常英会話」については 1年あればそれなりのレベルになります。

そろそろ、この反復の意義が伝わったかなと思います。
次回から、具体的にどんな勉強方法がオススメかをまとめていきますね。

では!

Shun

今日のエントリはこちらからも読めます!
http://bit.ly/1dWnpMb


P.S.
【Facebook 恋と仕事に効く英語の登録】
http://on.fb.me/nGi6Sk
こちらに登録しておくと、定期的に役立つ英語表現が見れますよ!
フィード表示なので、気になった時に見てもらえたら嬉しいです!

P.S.2
【bの体験レッスンのお申し込みはコチラ】
http://bit.ly/152N2AZ

「思い切って受けて良かった!」と受講後に、 輝くお客さまのお顔が見れるのが私達の喜び!
英語への悩み、まずは体験レッスンでスッキリさせちゃいましょう。

P.S.3
【OLあんちょこ英会話シリーズ】
http://bit.ly/1c8Pcmt
ご職場で英語に困っている人!
ちょっと、かかって来た海外からのあの電話!何とかできたらなんて方におすすめのコンテンツ! PDFダウンロードして、職場の引き出しに忍ばしておきましょう!

b わたしの英会話:女性のためのマンツーマン英会話スクール

Anchoko_468x60

Read More