ハリーに教わった英語力と英会話力の関係 (後編)


めざましテレビ時計

こんにちは!
b わたしの英会話のShunです!!

前回のエントリで私の上司だったハリー(日本人)から教わった英語勉強法を
少し書いてみました。

前回のエントリはこちら
http://bit.ly/159UTxH

ハリーさんは世代的には60才前後ですので、団塊世代ちょっと前くらいでしょうか。
まだまだ、中学・高校で英語を学ぶことも少なかった世代です。

外資系証券会社、というとなんか難しそうですが私達の部署は7名で
全員が日本人。そして、トップがこれまたザ・昭和の雷ジイサンでしたので雷が爆発するたびにその少ない
7名の人達(帰国子女も多かったので)が「もうやってられね」と入れ替わります(笑)。
ま、実際に灰皿が飛んでくるから仕方がないです。

そこで3年ほどハリーに色々教わりましたが、2つ大きなことを教わりました。

1つは以前から書いていましたが反復。
結局は、英会話やリスニングを上達するためには、会話で使うレベルの単語力と構文などの
レパートリーを中学・高校レベルに戻す必要があります。(逆に中高レベルで普通の会話は大丈夫)。

特に海外の同じ部署の人達とのやりとりで出てくる表現を完璧コピーすること。
そして、もう1つは日本語力の強化でした。当時の私は、英会話や英語力を高めるためにはそもそも、
基板たる母国語である日本語の足元がお留守だった、というわけです(今もかもしれませんが)。

まずは、1つ目。

これは、今まで読まれていた方たちも大体分かってきたと思いますが・・・・。
もともと、留学前から写経で様々な英単語、英語構文を積み込んだり、
MD(当時はiPodなどなかった)に自分の好きな人のスピーチを入れてひたすら
反復リスニングしていたわけですが、更に、ここでビジネス英語でよく使われる言い回しの
写経を強制されました。

もうこの時代(1990年代後半から2000年くらい)ですから、パソコンも普及しています。
ですが、あえて、ここで電話会議に出る前に、ひたすら手で写経しろというのです。

なぜなら、ハリーの時代はタイプライターで打ち出したものを
全部そうやって何度も書いて勉強したからや、そうです。

ということで、現場でパシリなのは言うまでもなく
電話会議に参加させてもらえるまでの間、私も海外から来たメールを全てプリントアウト、
クリッピングして、家に持ち帰っては何度も何度も読みました。

そうすると面白いですが、ビジネス英語でよく使われる表現にある一定の
パターンがあることに気付きます。こちらをお読みの方でも、外資系企業でお勤めの方や
日系企業で海外取引の多い方には馴染み深い、

"with regard to?"(?に関しまして)、

とか、

"Attached please find・・・"(添付の・・・をご査収下さい)

のようなよくある表現は
この頃に自分のレパートリーに加わりました。

なぜ写経するか?・・・ですが、読んで理解したところでとどめてしまいますと、
「システム2」の領域に留めているだけですのでなかなか会話では出すことが出来ません。
(システム1、システム2の関係などについては以前のエントリをご参照くださいね)
http://bit.ly/1dWnpMb

そこで、ひたすら写経しました。
証券会社ですので朝は早いのですが、朝10分くらい朝一のめざましテレビを副音声で聴きながら写経。
そして、夜寝る前に5分くらいの写経。

あっ、毎日じゃありません。週に2回程度、記憶から消えかける前にもう一回やります。

これだけで、週日5つくらいの構文は自分のものになります。
そして、写経を通じて脳にすり込んでますからシステム1に入り込んでます。
つまり、会話でも読み書きと同じくらいのレベルで単語や構文が出てくるようになります。

実際にはやったのは半年くらいです。
それ以降はあまりやってません。やったのは、メロディが好きだけど歌えない英語以外の歌とか。
これも、写経を続けると5回もすればかなり覚えます。

お陰さまで私の英語はレッスン・パートナー(外国人講師)から、
「固すぎる」といつも言われます(笑)。

でも、逆に幕末や戦国好きのレッスン・パートナーでござる、って言ったり、
sent from my iphoneの代わりに拙者のiphoneから、なんて人もいますけどね(笑)。

あと1回か2回で終えようと思います。
今回は中上級者向けのコツを書きましたが、初心者の人にこそ、この方法はオススメしたいのです。

次回は初心者の方に今すぐできる具体的なコツをまとめてみますね。

Shun

P.S.
【Facebook 恋と仕事に効く英語の登録】
http://on.fb.me/nGi6Sk
こちらに登録しておくと、定期的に役立つ英語表現が見れますよ!
フィード表示なので、気になった時に見てもらえたら嬉しいです!

P.S.2
【bの体験レッスンのお申し込みはコチラ】
http://bit.ly/152N2AZ

「思い切って受けて良かった!」と受講後に、 輝くお客さまのお顔が見れるのが私達の喜び!
英語への悩み、まずは体験レッスンでスッキリさせちゃいましょう。

P.S.3
【OLあんちょこ英会話シリーズ】
http://bit.ly/1c8Pcmt
ご職場で英語に困っている人!
ちょっと、かかって来た海外からのあの電話!何とかできたらなんて方におすすめのコンテンツ! PDFダウンロードして、職場の引き出しに忍ばしておきましょう!

b わたしの英会話:女性のためのマンツーマン英会話スクール

Anchoko_468x60